熊本東区美容室でカットとヘッドスパが人気なヘアサロン HAIR DESIGN iine[イイネ]

WEB予約はコチラ

TEL.096-387-4117

BLOG

ビフォー&アフター

こんばんは🌙*\(^o^)/*熊本東区長嶺美容室iine

(イイネ)の中島です^_−☆

今週のbefore&After

まずはbefore

正面

サイド

バックimage

今日の方の希望のヘアカラーはワントーン色味をおちつかせたアッシュグレージュカラーです。

 

ヘアカラー根元1.5センチほどのびて

ヘアカラーが褪色(色おち)しており

毛先ががブリーチが残っている状態です。

今回の対策としては毛先にこのままダイレクトに色味を入れてしまうと毛先が緑っぽくなってしまいますので

プライミング〔色素補正)という技法をつかい先に毛先に

N系カラー➕カッパー系➕微量の赤紫色をmixして

上からグレージュカラーを塗布して対策👍

さ〜やってみます(^_−)−☆

after

正面

image

 

皆様にお伝えしたい事👇

赤みが強い髪質でアッシュ系にできない方^_−☆

最近アッシュ系のカラーをオーダーされることが多く、

書いておこうと思います。

アッシュ系透明感のあるカラーリング
こういう透明感のあるアッシュやグレージュ系のカラーリングにおいてなんですが、

日本人の髪色はアッシュが綺麗に出にくくなっております

一度ブリーチなどを使うとすぐ色が抜けるし、ダメージになる
カラーは瞬間芸ではない
もちろん暗めのカラーも

髪質にもよりますが、

透明感のあるアッシュ系の色味が出にくいということがあります。

元から赤みやオレンジが強く出やすい髪質の方は明るめでも暗めでもなんですが

ヘアカラーは1剤と二剤を混ぜて行うのですが

1剤に2剤の過酸化水素をまぜると

毛髪内部に脱色という現象が起きます。

日本人の場合は脱色がはじまると

赤味とオレンジ味が出てきます。

日本人内緒アジアの方はこの

元々の日本人の色赤味とオレンジ味(アンダーカラー)に

希望色(1剤)の色味が入りますので

オレンジに色味が入るという事になりますので

大体予想はつくのかなと思います。

しかしながら、カラーリングの施述方法で

【綺麗な透明感のあるアッシュ系】を出すことができます。

施述方法として3パターンあります。

1. 一度カラーリングを行い、流しもう一度カラーリングを行う
カラーリングの頻度を上げる(月1〜月一半以内)

2.は最近でているヘアカラーで赤味とオレンジ味を

打ち消すカラー剤が4つほどでています。

それぞれ特徴があり色味や質感がかわります。

3.はブリーチを度々重ねて希望色をのっける事です。

(ブリーチのデメリットはかなりのダメージと退色の早さです。

僕的には、今日絶対してほしい!っていう方以外は断然”2”です。

理由としては、

暗めのアッシュ系カラー
一度ブリーチなどを使うとすぐ色が抜けるし、ダメージになる

そうなんですよね。

例えば”3”の方法で、希望のカラーリングになったとしても1〜2週間程度で色味がぬけてしまいます。

加えて、残されるのは傷んでしまった髪なんですよね。

一瞬の間、綺麗な色味を体験できたとしても、すぐ抜けてしまうのでは意味がないですよね?

しっかりとした色味の入ったカラーリングを持続させるには月一のカラーリングを半年間続ければ、

理想の色味のヘアになり、

一ヶ月半〜2ヶ月のスパンのカラーで維持することができます。

しかも、髪のダメージはブリーチをいれたカラーリングするよりダメージは少ないんです。

もちろん暗めのカラーも
明るくなってすぐ色がすぐに抜けてしまいやすい状態の方も
暗めの色を繰り返すことによって(月一)抜けにくくなり健やかな髪色を手にいれることができます。
特に暗めのアッシュが出にくい方などはこう言ったカラー施述が望ましいと思います。

ぜひ参考にして見てください(^_−)−☆

iine 中島(*^o^*)

 

 

 

カテゴリー:iineスタッフブログ|投稿日:2017年9月14日|